読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CRESCENT LEATHERS BLOG

製作と日常

またパスケース

いや大変だった。

何が大変だったのかと言えば、パソコンが壊れた。3月後半に壊れて、あれこれやっている間にずいぶん時間が経ってしまった。結局win8.1を使っていたのを、win10にしてハードディスクまで換装したので、今はしっかり使えている。

何はともあれ、よかった( ;∀;)

 

ようやくレザクラ再開。前回の記事もパスケースだが、今回の記事もパスケース。

やるぞー。 

染色

f:id:rou_oz:20170424235018j:plain

 

 

はい。 

f:id:rou_oz:20170424235410j:plain

いきなりほぼ完成間近。(途中の写真撮ってなかった)

次に、こいつに菱錐で穴をあけてから縫い作業。

で、完成!

f:id:rou_oz:20170424235418j:plain

 

 

こちらが青。

f:id:rou_oz:20170424235421j:plain

 

画像に紫のやつも写っているが、まだ縫っていない。紫に合う色の糸を別途買い足そうと思っているので縫うのは保留している。

 

 

以上(/・ω・)/

革でパスケースを作る

こんにちは、ROUです。

今日は腹が痛くて、会社で全く仕事が進まず悶えておりました(原因不明)

最近どんどん飯を食わなくなくなっていって、昨日の夜、急にうどん食べたのがダメだったのかもしれない…。

 

さて今回は数日前に作ったパスケースの作業紹介。

 

裁断

f:id:rou_oz:20170225002207j:plain

この作業の前に染色済。しっかり乾燥させてから裁断。

 

グルーバーで溝を彫る

f:id:rou_oz:20170225002208j:plain

ステッチンググルーバーとかいう工具で溝を彫ります。こうすることによって糸の擦れが防止できる。

 

貼り合わせ

f:id:rou_oz:20170225002210j:plain

えー、捻を入れたり、さきほど彫った溝を染めた。そして貼り付け!

 

穴あけ位置のマーキング

f:id:rou_oz:20170225002212j:plain

これは菱目打ちでマーキングしております。

 

菱錐で穴あけ

f:id:rou_oz:20170225002213j:plain

ひとつひとつ穴あけ。修練が足りないため、たまにブレる。穴あけは、いつも緊張する…。

 

完成

f:id:rou_oz:20170225002215j:plain

はい、出来ました。今回コバがなかなかきまらずに苦労した。なるべく一回できめないと消耗戦に突入するので気を付けたいところ。

 

 

 

以上(/・ω・)/

三角コインケースを作る

ROUです。

今回は三角コインケースを作る。…というか、これは何度も作っているが、写真をたくさん撮ったので作業工程を紹介したい。

染色

f:id:rou_oz:20170225002151j:plain

今回は赤。

 

染料はスポイトで計量する

f:id:rou_oz:20170225002152j:plain

だいたい1対2くらいで染料を希釈すると良い感じだと思う。

 

染まりました。

f:id:rou_oz:20170225002154j:plain

 

けがく

f:id:rou_oz:20170225002156j:plain

けがき線を入れる。バネホックを打つ位置もマーキング。型紙自体に実際に使うポンチで穴をあけておくと、バネホックの位置の正確性が保たれる。

 

ヘリ落とし

f:id:rou_oz:20170225002157j:plain

曲線部が難所だが、前後に小刻みにヘリ落としを動かしながら作業すると、切り込みの深さが比較的一定になることが分かった。まあ高いヘリ落としを買えばこんな苦労はないのかも知れない…。

 

綿棒でコバの染色

f:id:rou_oz:20170225002158j:plain

 

穴あけ

f:id:rou_oz:20170225002200j:plain

 

あきました

f:id:rou_oz:20170225002201j:plain

 

取り付け

f:id:rou_oz:20170225002202j:plain

 

蜜蝋でコバ磨き

蜜蝋

f:id:rou_oz:20170225002204j:plain

 

磨いた

f:id:rou_oz:20170225002205j:plain

今回はトコノールなどは使わずに蜜蝋のみで仕上げた。

 

三角コインケース、完成

f:id:rou_oz:20170225002206j:plain

製作者バイアスがかかっているかもしれないが完成後の姿はいつも後光が差して見える。

 

はい。

超余談だが、ブログを書くのに「です、ます」か「だ、である」で書くか非常に迷っている。なんなら口語調でもいいかもなあ!と思っている次第。当記事でもたまに「です」とか入っているのは分かっている。どっちかに統一したいのだが、文章下手でどうも脳内と文章がかみ合っていない感じがしている。困った…。

 

とりあえず、

以上(/・ω・)/

革でコースターをつくる

 

今回はコースターをつくる。

コースターって、つまりはグラスに敷くやつだが…。そもそも水分が弱点の革でコースターをつくるってのは考えてみるとなかなかアバンギャルドな発想…だが割とそんな市販品もあるので、意外と使えるのかもしれない。

ではでは、はじめよう。

設計

https://www.instagram.com/p/BQNnrz3j89E/

俺は主にCADで型紙を作っている。ステッチの穴まできっちり作っているのだが、それが良いのか悪いのかは不明。

ちなみに精度の悪い目打ちとかで印をつけるとズレるw

今回作るのは丸いやつね。

製作

(以降は物理での作業)

打ち出し

f:id:rou_oz:20170211200243j:plain

厚紙に印刷。これを直接、革包丁で切り出すのだが、なかなか紙は密度があって切りにくい。

余談だが、今度懇切丁寧に説明するハウツー記事を書こうと思う。初心者向けの道具をできるだけ使わないやつ。型紙もPDFでDL可能な感じで。はい。

切り出し

f:id:rou_oz:20170211200257j:plain

切り出した。雑だな…(ーー;)

 

穴あけ(型紙に)

f:id:rou_oz:20170211200249j:plain

型紙に穴あけ。事前に穴の角度をCADデータの時点で入れ込んでおいた。曲線部の菱錐の角度の全体整合性をとるのは大変なのでガイドをつくる。これが綺麗なステッチに繋がる。技術の不足分は知恵でカバーしよう(ドヤ)

穴あけ(革に)

f:id:rou_oz:20170211200308j:plain

途中で型紙がずれると全体がブレるので慎重にマーキング。

貼り合わせ

f:id:rou_oz:20170211200313j:plain

ここで気が付くのだが、全く同じ丸を切り出すのは至難の業。既に貼り合わせておいて切り出すという工程にしておけば良かったと後悔。

カンナでコバを整える

f:id:rou_oz:20170211200317j:plain

余分な部分を削り落とす。カンナは偉大だ。

縫い

f:id:rou_oz:20170211200319j:plain

ぬいぬいぬい…。

 

完成

f:id:rou_oz:20170211200323j:plain

オイルを入れた直後のため色ムラがあるが数時間で消える。

とりあえず思惑通りの統一感のあるステッチになったと思われる。よかった…。

 

f:id:rou_oz:20170211200326j:plain

サーモスを置いてみた。普通に使用すると水分で輪染みがけっこう出来るようだが、それも含めて楽しみ。そのうち変化があれば報告しようと思う。

 

 

 

ああ、そうそう。最近Creemaに出品しはじめたので良い感じだったら買ってください。

 

 それでは…

―以上。(/・ω・)/

歩くステルスマーケティング

俺は、はてなスターが好きだ。
(アクセスアップやレスポンス云々で嫌われてたりもするが)

あげるのも好きだし、もらうのも好きだ。
はてなスターには、よくあるイイネやツイッターのファボでは代替できない心地よい意味不明さがある。

Star
(GOODでもBADでもなくSTAR)


そんなはてなスターに関してだが、本日いつものように閲覧したブログにペタペタと星をつけているときに気が付いた。

はてなスターはリンクになっていて、そのスターをクリックすれば直行でその人の所有するブログへ飛べる。ということは、人のブログにリンクを張れるという事になり、つまりは、この自ブランドの宣伝も兼ねているブログのリンクを人のブログに張れてしまうのだ。
これはステマな気がしてならない。そして想像力豊かな俺は、歩くステマと罵られる想像をしてしまったのだ。
気にしすぎかもしれないが、いてもたってもいられず、今日せっせととブログを立ち上げた。



これ↓
Experimental





急ごしらえなので、いまのところ方向性もなにもない。
落書き帳とそう違わないが、

……とりあえず作った。


―以上。(/・ω・)/

ブロググループをつくった

レザークラフト

意外にもレザクラのブロググループがなかったので一応作ってみた。

はてなはレザクラ勢が少ない。

ってかそもそもハンドメイド系は基本的にアメブロだ。

個人的には、はてなにレザクラ勢が増えてほしい。

 

それだけ!(/・ω・)/

 

https://www.instagram.com/p/BOrYYAVDawC/

革でカードケースをつくる

re

製作風景

 ROUです。

ここ何日かは新たに型紙をおこし、カードケースを作っていた。なかなかこのカードケースというものが難しく、革の厚みの調整や、カードを複数枚入れてもギュウギュウにならないサイズ感の見極めが重要だったりする。だいたい最初作るものは失敗するし、何度かの調整を経て、良い感じになるものだと思う。しかしながらフルオーダーを受け付けている職人さんはわりといて、俺からすると天才なんじゃないかと思う。技術の積み上げによって成されるものなのだろうか…。わからんw

切り出しと染色

https://www.instagram.com/p/BPAkxqwDFH7/#instagram

革を切り出してから染色。型紙はCADでつくった。型紙の切り出しは最も慎重にやるべき作業。革はこの状態で床処理(革の裏面を薬品を使い綺麗にする作業)をした方があとが楽だ。楽というのは正義と同義だと思っている…。

…そう俺は元来、怠け者である。

重ねるてみる

https://www.instagram.com/p/BPnSO7ajknQ/#instagram

革を型紙にそって切り出したもの。

カードケースの三枚重なったうちの真ん中の一枚は、しっかり革漉きをする必要がある。ちなみに今回漉きをミスって革を貫通してしまった。試作品なのでボンドで無理やり固着させて補修。とりあえず完成させる。

ちなみに革漉きというのは、革の裏面を削り取って薄くする作業である。いや、削り取るって表現は適切ではなくて横方向に切り出すというのが正しいかもしれない。

↓こんなん。 

同じ物を二つ

https://www.instagram.com/p/BPpcmTSjMzw/#instagram

さて、所々写真がないために飛ばしてはいるがここまできた。捻入れ、接着、一部の縫製が完了した。カードケースっぽくなってきている。

完成。どシンプルなカードケース

https://www.instagram.com/p/BPsazDyjbOm/#instagram

さきほどのパーツを圧着してから互いに縫い合わせ、無事(?)完成した。

めでたしめでたし。

使用感

https://www.instagram.com/p/BPsc7Z9DjFx/#instagram

悪くない、悪くないぞ。いやむしろ良い。しかし改善点はいくつか見えたので、近いうちにまた製作してみようと思っている。

ちなみにこのブログ開設に合わせてTwitterとやらをはじめた。とりあえずフォロワーは現時点ではゼロだ。

ということで、フォロワーゼロだと孤独感が半端じゃないので、この記事を読んでいる心優しい方がおりましたらフォローいただけると、とても嬉しいですm(__)m

 

―以上。じゃあまた(/・ω・)/